2022年9月27日
事業、取組紹介

ビバリーユニット搬送

鹿部漁協 佐藤です。

昨日 ビバリーユニットが搬送されてきました。

ビバリーユニットとは、鉄鋼スラグと腐植土を配合した海の栄養塩です。

近年、天然昆布が年々減少している状況を受け、日本海側で実績があるビバリーユニットをヤグチダイバーさんと日本製鉄さんの協力のもと、試験的に設置し鹿部の海でも効果があるのか実証してみる事としました。

現在、繁茂している天然昆布を母藻とし、その周辺に設置する事で昆布藻場を拡大していくものであります。

来月上旬に離岸堤の陸側3か所と沖側1か所に設置する事としますが、ビバリーユニットは、毎年継続して設置する事で

効果が出やすくなるという事なので、来年度以降も継続して設置し昆布藻場回復に繋げていきたいと思います。

 

鹿部漁協

この記事を書いた人

鹿部漁協

鹿部漁業協同組合職員です。 組合では、漁業者が末永く漁業を営む事が出来るよう漁業資源の維持・拡大 並びに藻場造成等の事業に取り組んでおります。 その漁協の取組について、皆さんが普段あまり見ることのない作業風景など 皆さんに組合の仕事について知っていただきたいと思います。 組合事業の取組だけではなく前浜や漁協市場の状況についても、随時、皆さんにお届けしていきます。

コメントはこちらから

captcha

上に表示された文字を入力してください。

本サイト運営サイドからの返信は致しません。大変申し訳ありませんが、ご了承ください。皆様から頂きます御意見はしっかりと拝見した中で出来ること出来ないことございますが、これからのHP運営に活かしていきます。

関連記事

  • 事業、取組紹介

    2022年11月29日

    ホタテ養殖施設 修復

  • 事業、取組紹介

    2022年11月27日

    青のり試験養殖 乾燥業務

  • 事業、取組紹介

    2022年11月26日

    漁場環境調査の実施

  • 事業、取組紹介

    2022年11月24日

    漁船保全修理施設(漁船上架施設)浚渫工事

※鹿部町ホームページの
「ふるさと納税」ページへ移動します