2022年7月7日
漁港通信

今時期市場の様子~7月

皆さん、こんにちは

地域おこし協力隊つよぽんです!

今の時期はどのような魚が市場に並んでいるのか撮影してきたので皆さんにお伝えいたします。

ヒラメやツブが多いようです。

ヒラメについては活魚として出荷しているものあり、水槽で管理しておりますが、

活魚以外で出荷するヒラメもコンテナに沢山入っていました。

キソイや冬に見ていたカジカなどの魚も入っていました。

しかし夏を感じられるアジやサバなどの青物は入っていないです。

最近は雨天が続いたので海水温が低いのかもしれません。

地域おこし協力隊 つよぽん

この記事を書いた人

地域おこし協力隊 つよぽん

地域おこし協力隊のつよぽんです。趣味は筋トレ、釣り!出身地は愛媛県と 温暖な地域から移住してきました。 気温が違うと海の水温も違うので、見たことのない魚がいて面白いです。 特に生きたホッケを生で見たことがなかったので、とても新鮮でした。 スケソウダラは筋肉が増えると聞いたので毎日食べています!

コメントはこちらから

captcha

上に表示された文字を入力してください。

本サイト運営サイドからの返信は致しません。大変申し訳ありませんが、ご了承ください。皆様から頂きます御意見はしっかりと拝見した中で出来ること出来ないことございますが、これからのHP運営に活かしていきます。

関連記事

  • 漁港通信

    2022年10月22日

    廃船解体

  • 漁港通信

    2022年8月5日

    波の破壊力

  • 漁港通信

    2022年7月12日

    養殖施設の浮力調整について

  • 漁港通信

    2022年7月4日

    覚えておきたい鮭の遡上と鹿部川の注意!

※鹿部町ホームページの
「ふるさと納税」ページへ移動します