カッコいい仕事!
漁師の紹介

各漁種部会の漁師から、今の漁業の現状やこれからの漁業の思いを紹介。

  • 鹿部漁業協同組合 えびかご漁業部会 部会員
    能戸 剛さん

    鹿部漁業協同組合 えびかご漁業部会 部会員
    能戸 剛さん

    これからも数年先の漁業を見据えて、
    この鹿部の海を未来へ残していきたい。
    鹿部のえび漁は、近隣都市が禁漁の夏に行うのと、近海の新鮮なえびが穫れるため値がつきやすい。ただ夏なので体力的には厳しいよ。えびはすぐに鮮度が落ちてしまうので、ここでしか食べられない新鮮なえびを地元の人にこそ食べてもらいたい。

  • 鹿部漁業協同組合 昆布採集部会 部会長
    米本 繁広さんと部会の皆さん(写真・右)

    鹿部漁業協同組合 昆布採集部会 部会長
    米本 繁広さんと部会の皆さん(写真・右)

    人が宝。今後も町を支え続けてきた昆布を、
    次の世代に残していく為、皆で一丸となって
    資源の回復に努めていきたい。
    ここ数年、海水温の上昇に伴って栄養塩類の減少・鉄分不足などから“磯焼け”現象が著しく、昆布の漁獲量が低迷しています。現在、昆布部会では立て縄による昆布種苗の増殖などに取り組んでいるほか、町や組合の支援を受け投石事業を実施する予定です。

  • ほたて養殖漁業部会 部会長
    中島 日佐夫さん

    ほたて養殖漁業部会 部会長
    中島 日佐夫さん

    近隣市町の漁業者との連携を強めて、
    今できる方法で最善を尽くしたい。
    数年前から噴火湾全域において、ほたて養殖漁業が危機的な状況を迎えている。良いと思った手法や制度はどんどん取り入れて、部会の仲間に共有する。コロナウイルスの影響もあり厳しい年になるでしょうけど、こんな時こそ地元のほたてを皆に食べて欲しい。

  • すけとうだら刺し網漁船 第十八豊丸 船主、船頭
    能戸 政彦さん、さん
    (写真・左)政彦さん、(写真・右)豊さん

    すけとうだら刺し網漁船 第十八豊丸 船主、船頭
    能戸 政彦さん、さん
    (写真・左)政彦さん、(写真・右)豊さん

    皆のため、次の世代へ継承するためにも
    どうにか突破口を見出したい。
    能戸さん親子は、噴火湾のすけとうだら漁は不漁を極めており、養殖ほたて漁業・えび籠漁と多種多様な漁業で安定的な経営を図っている。鹿部町の稼ぎ頭であるすけとうだら漁復調の兆しを待っている。

ご質問・ご要望などは、
上記よりお問い合わせください。